スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロープラッターの弱さとは何なのか

『アロープラッターは分間500回以下かもしれない』『アロープラッターは暴風の矢よりも強かった』では、
情報を二転三転させてしまいすみませんでした。
誤った結論を出してしまったことを改めてお詫び申し上げます。

そもそも今回の検証を始めたきっかけは、「あれ、アロープラッター弱くない?」という感覚でした。
他所で同じようなことを感じている方がいるのを見つけたので、
裏付けを取ろう、と思って前々回の記事に至ったのです。
初めから「アロープラッターは弱い」と決めつけていたがために、誤った結論に至ったわけで、
客観性が足りていなかった、という何ともお粗末な話でした。

さて、検証結果ではカタログスペック通りアロープラッターは強いことが示されたのですが、
最初の「暴風の矢より弱い」という感覚はなんだったのでしょう。
何らかの原因があるはずだと思うのです。
そこで、本記事ではアロープラッターのどこがどう弱いのか、考えていきたいと思います。
暴風の矢との比較がしたいだけなので、今回は設置アロープラッターの問題点は取り上げません。

なお、本記事は検証カテゴリーに区分しておりません。
データも用いてはいますが、基本的にはあれこれ考えてみただけの内容だと思ってください。

問題点1.発動の遅さ

使えばすぐに気付きますが、アロープラッターの発動は暴風の矢に比べて遅いです。
かえででせいしん『分かりやすいメイプルストーリー火力・ダメージ計算式講座2.5様々な攻撃スキルのディレイ。キーダウン、召喚、設置等』で言うところの発動ディレイの値が大きいのです。
データを取るまでもなく使えばすぐに分かるのですが、念のため各種値を計測してみました。

ゼロ距離でアロープラッター・暴風の矢を動かないネペンデスに使って、
スキルモーション開始から最初のダメージが表示されるまでの時間を測定しました。
5回の測定回数の平均値を次の表に示します。

スキルアロープラッター暴風の矢
平均所要時間(秒)0.690.34

(表1:ゼロ距離でのダメージ表示までにかかる時間)

次に、画像の距離(約450程度?)から各スキルを動かないはぐれノーブルドランに使い、
同様に時間を測定しました。
こちらも5回の平均値です。

はぐれノーブルドランと
スキルアロープラッター暴風の矢
平均所要時間(秒)1.401.00

(表2:画像の距離におけるダメージ表示までにかかる時間)

表1、2から、アロープラッターは暴風の矢より最初にダメージが出るまでの時間が長いことが言えます。
つまり一度途切れると次に攻撃が始まるまでのロスが大きいということです。

実際に敵(主としてボス)と戦う際には、スキルのかけ直しや状態異常回復、回避動作など、
攻撃を中断する場面がたびたびあります。
攻撃中に動くことができないアロープラッターでは、位置調整のために攻撃を中断する場面も多いです。
これら一回一回は僅かな差でも、積もり積もれば大きく影響してきます。

1分間に攻撃を中断する回数を「中断回数」、
スキルのかけ直しや移動など攻撃を行っていない時間を「無攻撃時間」と定義します。
各スキルLvMAX、魔法の矢固定、ファイナルアタックなしと仮定して計算すると、次の表のようになります。
実際の発動ディレイは測定値と若干異なると思われますが、
両スキルの発動ディレイが探し出せなかったので測定値をそのまま用いました。
計算方法は、
[60(秒)-{(中断回数)×(発動ディレイ)+(無攻撃時間)}]÷60×(分間攻撃回数)×(スキル倍率)
です。

中断回数(回/分)無攻撃時間(秒)分間ダメージ倍率
アロープラッター暴風の矢
00250,667%216,000%
52.5225,809%200,880%
105200,951%185,760%
157.5176,093%170,640%
2010151,236%155,520%

(表3:中断回数・無攻撃時間と与ダメージ倍率)

攻撃中断による与ダメージの減少率は、アロープラッターの方が暴風の矢よりも高いため、
現在のバグのある状態では、案外アロープラッターの優位性がないのが見て取れます。
なお、設置プラッターは両方の与ダメージに等しく加算されるので、
設置の有無で与ダメージが逆転することはありません。

ちなみにファイナルアタックが発動する条件ではもう少しアロープラッターが強くなります。

問題点2.魔法の矢の100回制限

アロープラッター・暴風の矢(・AFA)はマクロ対策のいわゆる100回制限の影響を受けませんが、
魔法の矢には100回制限が適用されるので、攻撃を続けているとやがてダメージ判定がなくなります。
アロープラッターでは約15秒、暴風の矢では約20秒で100回制限に到達してしまいます。
こうなると、見た目では魔法の矢が射出されていても、実際にはダメージが入らなくなります。
アロープラッターの方が攻撃速度が速く、頻繁に制限解除動作を行わないといけません。
そのために攻撃を中断して移動すると中断回数・無攻撃時間共に伸びてしまいます。
一方暴風の矢は移動しながら撃てるので、無攻撃時間が短縮されます。
これにより理論値から遠ざかる割合はアロープラッターの方が大きい、
すなわち理論値よりも弱くなりやすいと言えます。

アロープラッターの発動の遅さを嫌って画面端で固定砲台になっていると、
気づかないうちに魔法の矢が100回制限で機能しなくなっている可能性があります。
暴風の矢では後ろ方向にノックバックされる→前進して元の位置に戻るを繰り返せば、
射出を途切れさせることなく100回制限を回避できます。
アロープラッター単独と暴風の矢+魔法の矢では、当然アロープラッターが弱くなります。

問題点3.キーダウンスキルの欠点

補助スキル発動中からキー押しっぱなしで攻撃できる通常のスキルと異なり、
キーダウンスキルはキーを押すタイミングが悪いと攻撃してくれません。
そのため私は暴風の矢使用中に補助スキルをかけ直すときは、
暴風の矢中断→スキル使用→暴風の矢連打→射出を確認したら押しっぱなし
という動作を行っています。
暴風の矢連打の間は中断回数・無攻撃時間共に増加するので、500発/分より攻撃速度は落ちます。

つまり、こういう操作は理論値より実際の火力が落ちる原因になるのですが、
表3の計算結果のように、発動が遅いとその差がより大きくなります。
あまり頻繁に攻撃が途切れると、暴風の矢との差が縮まっていきます。

動くボスは特に苦手で、敵との距離を保ちつつこちらの攻撃を当てていくのには、
発動の遅いアロープラッターよりも暴風の矢の方が向いています。
パペットがあれば一発で解決するのですが。

実際アロープラッターはとても発動が遅いので、私がアロープラッターを使うときには、
連打はせずに確実に補助スキル硬直が切れるのを待ってからキーを押しっぱなしにしています。
そのためたまにうまく発動せず、キーを押し直すこともあります。

問題点4.当たり判定処理の複雑さ

メイプルの基本システムでは、攻撃が当たるかは攻撃スキルを押した瞬間に決定されます。
そのため、攻撃直後に敵がジャンプしたりすると、攻撃エフェクトは曲がって飛んでいきますし、
ジャンプしてから攻撃すると普段より高い位置にいる敵に攻撃が当たるわけです。

一方、アロープラッターの当たり判定は、矢の移動先を演算して処理しているようです。
これがくせ者で、動く敵が相手だとなぜか上手く当たってくれないことがあります。
当たらないように見えるのではなく、雑魚が死なないので本当に当たっていないのだと思います。
他にも、特定の位置でジャクム本体に当たるはずの矢が途中で途切れる現象を確認しました。
敵によっては上手く矢が連続で当たらず、
その結果安定して当たる暴風の矢より劣る可能性があります。

問題点5.処理が重い

4と関連しますが、先述した矢の処理のためか、他のスキルより処理が重いです。
これを軽減するためかどうなのかは分かりませんが、
暴風の矢使用中・アイテムが多く落ちているとき・ベルルムの落石中など様々な場面で、
アロープラッターの矢の飛距離が落ちる現象を確認しています。
これもまたアロープラッターが当たりにくい要因になっている可能性があります。
これはPCスペックによって多少変化するのかもしれません。

要するに

アロープラッターはカタログスペック通りの性能を発揮させるのが困難なスキルです。
スキルをうまく使いこなさないと理論値からどんどん与ダメージが遠ざかっていきます。
そもそもクライアントの仕様で攻撃間隔が30msの倍数に切り上げられるのに、
設定上は80msになっているので、開発側の意図した理論値は絶対に出ません。
(もし80msであれば分間666.67発ではなく750発です)
開発側の仕様の理解不足がうかがわれます。

色々と厄介なスキルではありますが、うまく使いこなしていきたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

個人的に気づいた問題点ですが、
他の設置系スキルと異なりプラッターが反射を食らうのと
設置状態ではエヴァン・アランのキャラ札が設置状態では発動しない気がします。
設置状態では、キャラ自身の攻撃扱いなのか
それともギミックのような扱いになっているのか…よくわからない状態です。

Re: No title

コメントありがとうございます。
この記事では、
「暴風の矢と比べてアロープラッターの方が弱い気がする」
という感覚の原因を探りたい、というのが動機でしたので、
設置プラッターに関しては取り上げませんでした。

設置プラッターは実装前は勝手に召喚扱いだと思い込んでいたので、
実際の仕様には驚きました。
基本的にはキャラ自身の攻撃扱いなので反射されるのだと思いますが、
魔法矢が適用されなかったり、
コメントいただいたようにキャラ札の効果が適用されなかったりと、
例外も多い、曖昧な仕様ですね。
自由に消すことができないので反射無視にしてほしいところですが。
プロフィール
夢巡

夢巡

Author:夢巡
メイプルストーリーを気ままにプレイしています。
ボウマスター育成情報がメインのサイト、狩人の宿の管理人です。

コメントについて
2015/11/20以降、コメントを承認後表示に変更しました。
いただいたコメントの承認・返信には時間がかかる場合があります。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
運営サイト
読んでいるブログ
ファンサイト・ブログポータル
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。