スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロープラッターは暴風の矢よりも強かった

今回も長文なので初めに要点だけ書きます。
アロープラッターが当たり続ける理想的な条件において、
FPS20程度ではアロープラッターはおそらく理論値(666.7回/分)通りの速度で動作していると推測され、
暴風の矢よりもダメージ効率において上回ります。
誤った情報を発信しましたことをお詫び申し上げます。

以下が本文となります。
2/5防御率関連で理論値の計算に誤りがあったのを修正しました。
結論に変化はありません。

先日の記事『アロープラッターは分間500回以下かもしれない』で抜け落ちていた、
ダメージを基準にした測定を行いました。
その際の条件は次の表の通りです。

[1]名前ホーンテイルの足
HP130,000,000
物理防御率40%
自キャラSTR804
DEX2560
攻撃力606
熟練度85%
ダメージ%総合計54%
ボスダメージ%総合計107%
防御率無視乗算値[2]47%
クリティカル率100%
クリティカル最大ダメージ150%
クリティカル最小ダメージ140%

(表1:測定条件)
[1]:モンスター詳細 / MSDB - MapleStory DataBase
[2]:各防御率無視の値を100%から引いたものを乗算したもの。
((100%-防御無視1)×(100%-防御無視2)×・・・・・・)

攻撃対象をホーンテイルの足としたのは、
移動しない、HPが適度に多い、物理無効・反射状態にならない、アクセスが容易といった理由からです。

この条件で、
(1)暴風の矢(アロープラッターLv30):276%
(2)アロープラッター(Lv30):220%、リインフォース(ダメージ+20%)・ボスキラー(ボスダメージ+10%)あり
(3)魔法の矢(アドバンストクイヴァーLv10):260%
のダメージの理論値は、それぞれ次の表のようになります。

スキル暴風の矢アロープラッター魔法の矢
スキル倍率276%220%260%
最大ダメージ763668.8555678689.5459719398.1972
最小ダメージ605843.9587538427.0398570722.5698
平均ダメージ682847.235606861.569643261.888
分間攻撃回数理論値50060000/90-

(表2:ダメージ理論値)

クリティカル率100%なので、全てクリティカルダメージとなります。
クリティカルの期待値の計算は、悪銭身に付かず『クリティカルダメージの分布』を参考にしました。

この平均ダメージの値から、ホーンテイルの足を倒すのにかかる時間の理論値を求めました。
ver3.22現在アドバンスファイナルアタック(AFA)の発動にバグがあるため、
暴風の矢・アロープラッター両スキルの理論値においてAFAは考慮しませんでした。
また、アーマーピアシングの発動頻度も低いため(参考→『弓、バグってます』)、
このスキルの発動も考慮しませんでした。
また、ホーンテイルの足にかかるガードアップスキルによるダメージ減少も考慮していません。

更に、実際に対象に攻撃してデジカメ(25FPS)で動画を撮影し、撃破にかかる時間を測定しました。
初めに対象に与えたダメージが表示された瞬間から、経験値表示が出る瞬間までを、
AviUtlを用いて切り出し、測定に用いました。
本当はサンプル数を増やして測定を行いたかったのですが、
ホーンテイル撃破後クライアントを終了するとブルースクリーンになるため、
1回ずつで断念しました。
どちらもプレパレーション中でスタンス状態であり、かつ1:1攻撃を受けなかったため、
ノックバックやMP不足による攻撃の中断はありませんでした。
理論値、実測値それぞれを次の表にまとめました。

スキル暴風の矢
+魔法の矢
アロープラッター
+魔法の矢
撃破時間理論値(秒)14.6011.78
撃破時間実測値(秒)1612.84
ガードアップアイコン表示までの時間(秒)2.721.92

統計的に確かなことが何も言えませんが、理論値と実測値を比較して、
アロープラッターの速度がおそらく理論値(60000/90=666.7回/分)通りだろうと推測できます。

したがって、先日の記事『アロープラッターは分間500回以下かもしれない』は誤りであり、
アロープラッターが暴風の矢よりも強いということになります。

アロープラッターの攻撃速度が理論値よりも低いという誤った結論に到達した原因として、
「処理落ち中でダメージ表示がなくても20FPS程度であれば正常にダメージが蓄積される」
ということに気付かず、表示されたダメージのカウントだけで議論をしてしまったことが挙げられます。
あくまで関心の対象となるのは与えたダメージであるのに、
みかけの表示ダメージだけで満足してしまったことは、反省して今後に活かすべき点だと思っています。

なお、体感的にアロープラッターが弱く感じる原因は、
アロープラッターがきちんと対象に当たってくれないときがあるためではないかと推測しています。
PC性能によるのかサーバーの性能によるのかよく分かりませんが、
MAP内のモンスター・ドロップアイテムなどが増加すると、矢の飛距離が減少することを確認しています。
また、攻撃対象が左右に移動している場合、
アロープラッターのヒットする音が止むことがあります。
実際に雑魚相手に、1発目がヒット→ノックバックで矢が空振り→少し遅れて後の矢が当たって撃破
という現象がありました。
こういったアロープラッターの癖により、与えるダメージが減りやすく、
弱いと感じてしまう、という可能性があるのではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

GMSの公式に
暴風、プラッターにおいてファイナルアタックとアーマーピアシングの挙動がおかしい
プラッター使用中接続がきれることがある
の二つが公式のバグリストにありました

イリュージョンステップの件と
プラッターが単体攻撃になっている件は書いていないので日本オリジナルのバグかも知れません。。
プロフィール

夢巡

Author:夢巡
メイプルストーリーを気ままにプレイしています。
ボウマスター育成情報がメインのサイト、狩人の宿の管理人です。

コメントについて
2015/11/20以降、コメントを承認後表示に変更しました。
いただいたコメントの承認・返信には時間がかかる場合があります。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
運営サイト
読んでいるブログ
ファンサイト・ブログポータル
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。