スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狩人の宿雑記-161103

いつものメイプルやる気起きない病で放置していました。
8月からこの方、プレイ?したのは倉庫拡張→メイドロイド入手だけでした。
5次が来るのは来年2月か3月でしょうか。
それまではまた放置になると思います。

スポンサーサイト

狩人の宿雑記-160811

ダメージ計算機にバグがあるのが分かっているのですが(最適化時モータルブローが考慮されない)、
ちょっと直す暇がなくてほったらかしにしています。

そんなときに限って面白い質問をいただきました。
「弓使いのクリティカル最大・最小に30近い差があり、ダメージがばらつくので安定させたい」
というものです。
拍手レスの方でお答えしましたが、
そう言えば当サイトでハイパーステータスについて言及していないことに気付いたので、
ブログ記事にしてから、
サイト記事を作りたいと思っています。

ver3.51フェニックス仕様変更とモータルブローのバグとか

なるべく広告を出したくはなかったのですが、
書きたいことをまとめる時間的な余裕がなくて1ヶ月空けてしまいました。
書く書く詐欺が溜まっていて良くないなあと思いつつも、
書けないときはとことん書けないので困りものです。

ver3.51フェニックスの仕様変更について

さて、ver3.51アップデートで、召喚スキル全般の専用計算式が撤廃され、
他スキルと同様のものが使われるようになりました。
変化は大体こんな感じです。

  • アクティブ総ダメージ増加・ボスダメージの影響を受けるようになった
  • クリティカルが発生するようになった
  • レベル補正によるダメージ増減が他スキルと同様になった
  • 防御率の影響を受けるようになった

余程総ダメ・ボスダメ・クリティカル関連の値が小さい状態で、
防御率300%の敵を殴るようなものすごく極端な場合を除いて、
基本的に与ダメージは増えていると思います。

検証のようなもの

かなり雑ですが、一応現時点で理論値を外れた値を観測していない、
というだけのデータをぺたり。

○キャラクター:Lv218ボウマスター
・ステータス画面
ver3.51フェニックス計算式検証ステータス
・ATK:237
・ダメージ%:50%
・防御無視詳細:63.3819898%
・クリティカル最小<クリティカル最大(逆転していないので計算はそのまま)
・対象:青キノコ(Lv14:防御率10%)・泣き虫青キノコ(Lv15:防御率10%)
・使用スキル:フェニックスLv10(スキル倍率390%)

以上の条件で、フェニックスにひたすら敵を攻撃させました。
いつ仕様が変わったのか不明なのですが、
キャラクターが被ダメージで戦闘姿勢を取っているだけだと攻撃してくれないので、
雑魚を倒さないようしゃがみ弓突きで攻撃状態を維持しつつ、
与ダメージ最大・最小を戦闘分析で見ました。
516回殴った時の戦闘分析データは次のSSです。

ver3.51フェニックス計算式検証与ダメージ

ステータスから他スキルと同様に与ダメージを算出すると、
・理論値最大226048.188>観測値最大223566
・理論値最小156849.7631<観測値最小157880
ということで、理論値内の値が観測されました。

誤差がやや大きいですが、
わざわざ専用に計算式を作る労力をかけるとは思えないので、
既存計算過程を利用している可能性が高いと考えたため、
適当なところで終わらせました。
弓のフェニックスは計算式が変わってもやっぱり微妙なので、
私はこれ以上精密な検証をする気はありません。
気になる方はレッツ検証。

おかしな与ダメージ・・・・・・?

同様のステータスで同様に敵を殴った時の次の戦闘分析結果をご覧ください。

ver3.51フェニックス計算式検証与ダメージ……!?

50回しか殴れていませんが、上で出した理論値156849.7631~226048.188よりも、
かなり大きなダメージが出ています。
さて、原因は何でしょうか?

記事タイトルにしてしまっているのでさっさとネタバレしてしまうと、
モータルブローが原因です。
モータルブローカウント9
モータルブローのバフアイコンを9にした状態(=次の攻撃の総ダメージが80%増加)で取ったデータでした。
戦闘分析全画面はこちらです。

フェニックスの攻撃時には、モータルブローのカウントの繰り上がりはありませんが、
なぜかモータルブロー9のバフを消費せず、攻撃の総ダメージ80%効果だけが適用されます。
内部的に
1.該当スキルでモータルブローバフ9があるときに総ダメージ80%上昇
2.該当スキルでモータルブローカウントアップ
の2つの処理が存在しており、通常スキルは1と2の、
「どちらも該当として処理を行う(アクティブ使用攻撃スキル)」か、
「どちらも該当しないとして処理を行わない(派生攻撃スキル、設置スキル)」のいずれかになっているのに、
フェニックスは「1は該当するとして処理する、2は該当しないとして処理しない」になっているため、
こんな現象が起こると考えれば辻褄が合いそうです。
(たびたび書いていますが、本業ではないので正しい保証はありません)
ぶっちゃけるとバグだと思います。

コンボEXP玉当たり判定の調整について

『改変後コンボシステムにはアクションゲームとして致命的な欠点がある』にて罵声を浴びせた身として、
コンボEXP玉の当たり判定が広がったことに関連して、ちょっとだけ書いておこうと思います。

当時の記事で私の主張したかったことは、
「当たり判定が小さいこと」そのものではなく、
「当たり判定が小さい上に右にすごくずれており、当たり判定と見た目とのずれが大きすぎること」
でした。
読み返してみると要点が分かりにくい記事だったようにも思います。
そこは私の反省点です。

私のスタンスは、新要素はしっかりテストしてから導入してくれというものです。
テストプレイすればすぐに見つかるような不満点・不具合等々が頻発しているメイプルで、
私としては全体的に修正が遅すぎると感じています。
ファイナルアタック発動率バグで散々焦らされた身としては、
コンボEXP玉の当たり判定程度、もっと早く直せなかったのかと思います。
ただそれだけです。

狩人の宿雑記-160622

リブートで弓を育ててみて、既存ワールドでのスキル振りを修正しました。
最後にスキル振りを修正したのがいつだったのか、
欠片も覚えていない昔から放置されていました。
どちらかと言うと低レベル帯の方がスキル振りの需要があると思われるのですが、
普段は高レベルキャラを動かすばかりなので、
低レベル帯のフォローが疎かになってしまうのがもどかしいところです。

自分の視点も大切に~リブートワールドの日本独自仕様に関して~

悪銭身に付かずさんの記事『リブートワールド、それほど悪いものでしょうか』を読んで、
仰ることは理解できるのですが、どうにも納得できませんでした。
上手く言語化することができなかったのでしばらく放っておいたのですが、
表現できそうな気がしてきたので記事にしてみます。

念のために書いておきますが、悪銭身に付かずさんに喧嘩を売るつもりなど毛頭ありません。
現役プレイヤーとしての私の意見を述べたいだけです。
また、経済は門外漢で、専門的な知識はないことを事前に断っておきます。

最初に本記事の結論を言ってしまうと、
「運営はお金を稼がなきゃいけないけど、
そのためには顧客を満足させるサービスを提供しないと顧客は逃げちゃうよね
「運営の視点も考えるべきだけど、自分の意見も言っていいよ
というだけのものです。

なぜリブートワールドに対して批判が出るのかを、休止中・未プレイの方向けに解説してみたものとなります。
必然的に現役プレイヤーの方々には面白くも何ともない記事だと思われます。
リブートでのダメージ・命中の格上ペナルティ補正について大雑把に調べた記事を同時投稿していますので、
そちらの方が有益かと思います。

リブートワールドに何を求めていたプレイヤーが多かったのか

運営が収益を上げるということ

先に挙げた悪銭身に付かずさんの記事の要旨は、以下のようなものです。

リブートワールドについて批判はあるけれども、自分としてはそれほど悪いものとは感じません。
運営は収入を得るためのノウハウを持っており、その上で判断した仕様なのでしょう。
運営する立場に立って考えてみると肯定的な考えも浮かぶかもしれません。

強調している部分は元記事でも強調されていた内容です。
要約はあまり得意ではないので、もし主旨が変わっていたらご指摘いただけるとありがたいです。

仰ることは非常に大人な意見で、特に強調されている運営の視点に立つということは重要なことです。
基本無料のゲームとは言え、ネクソンは営利企業ですから、利益を上げなければなりません。
そのために、KMS・GMSとJMSで仕様が変わることはあり得ることであるということは全く同感です。

利益はどこから来るかというと、当然顧客への課金です。
メイプルだとプレイヤーが顧客です。
基本無料のゲームで顧客に課金要素を多く利用して貰うためには、
お金を使ってでもプレイしたい」と思わせる必要があると思います。
いかにして課金要素を利用したいと思わせるかが、運営が収入を得る上で考えるべきことだと思います。
どんな課金要素を用意しても、プレイヤーが現金を使ってまで利用したいと思わなければ、
一切収入は入りません。
ゲームという娯楽ですので、日用品や家電製品などと異なり、
なくても困らないからです。
特に今は基本無料のゲームが他にも沢山溢れかえっていますので、
魅力がなければメイプルを見限って別の(運営の)ゲームへ乗り換えてしまうことができます。
こうなってしまうと、メイプルの顧客ではなくなるので、運営には一銭も入らないことになります。
「メイプルという娯楽にどれだけお金を使いたいと思わせられるか」が、運営の手腕と言えるでしょう。

様々な観点からものを見るということ

悪銭身に付かずさんの記事では、
一度、自分がメイプルを運営する立場になって、
考えを巡らせてみると、肯定的な見方もできると思います。

と結んでおられました。
私も、運営の視点はある程度斟酌すべきだと考えています。
鬼神大弱体のときに私は直接的な意見表明を極力避けたつもりでしたが、
それは、「個人的には嫌だけれどもゲームバランスの都合を考えると何とも言えなかった」からです。
本題とは離れるので要点のみ書くと、

マイナスなところ

取得経験値=レベルアップ速度が低下するのは嫌(自分の感情)

レベリングゲーと化していた状態でその要素を大きく削ぐことでプレイヤーが逃げてしまうことで、 大きな減益に繋がるのではないかという危惧(当時規約違反の装備販売出品が溢れかえっていましたね)

プラスなところ

1確できる火力とそうでない火力で狩り効率に差が付きすぎていたのが緩和される

鬼神の有無で経験値効率の差が著しかったのはバランスが良いとは言いがたい面があった

このように、プレイヤーとしては嫌でしたが、自分が運営だったらと考えると肯定できなくもなかったのです。
炎上中には上手く説明できる自信がなかったので、意見を明示していませんでした。

メイプルのようなゲームに限らず、更には売り手買い手という関係にも限らず、
様々な観点からものを見ることは、社会生活を営む上で大事なことは私が言うまでもないことです。
物事を円滑に進めることができるだけでなく、自分にとって間接的・直接的に利益をもたらすこともありますし、
ストレス社会を生き抜くための一つの対処法でもあります。
ですので、私は悪銭身に付かずさんの記事で「運営の立場に立ってみること」を勧めておられることは、
一般的には当然の意見だと感じています。

リブートワールドについて

運営の立場に立つことが重要なのは承知の上で、
しかし私はこうして記事をわざわざ書こうと思いました。
それは何故かというと、JMSのリブートワールドの仕様が、
顧客=プレイヤーが望んでいたものではない」と感じているからです。

現状のメイプルだとランダム要素(キューブ類、アバラン類、課金開封アイテム類)が、
収入の大部分を担っていると思われますが、
ランダム要素にどの程度お金を使うかはプレイヤーによって大きな差があります

そして、現金を使うランダム要素について、
1.積極的には利用しない
2.極力利用しない
3.全く利用しない
4.ランダム要素は嫌い
という層が、一定数存在しています。
私はあまり多くのブログ等を見て回っているわけではありませんが、
それでも現金の投入について、非常に様々な立場のプレイヤーがおられることが窺えます。
また、私は某所避難所も見ているのですが、
歯に衣着せぬ表現で色々な意見が飛び交っており(最近減速気味ですが)、
やはり様々な金銭感覚があることが分かります。

KMSリブートワールドの方針

かねてより現金投入量に比例して、凄まじい火力インフレが生じ、
プレイヤーのスタイルにより火力に大きな差が生じてしまっていることが問題視されてきました。
それに対応するため、メイプレージショップが実装されたり、
ラッキーミラクルキューブがゲーム内で入手できるようになったりしました。

それでも現金投入額による火力差は消えませんでした。
消えなかったと言うより、消すことができなかったという方が正しいと思います。
火力差がなくなれば、現金投入の多かったプレイヤーは、
今まで使ったお金は何だったのかという不満を持つでしょう。
現金投入が多いお得意様の機嫌を損ねるような根本的な改変はできませんが、
しかし火力差により新規参入の障壁は上がってしまっていました。
JMSでは最大13(+いばら)あったサーバーが、現在3(+リブート)になったことからも、
既存のプレイヤー離れに対して、新規の定着が少なく、過疎化が進んでいる事実は明らかです。
(KMSリブートワールド実装時点ではJMSサーバー数5)

そんな折り、KMS(本家韓国のメイプル)で「リブート」と冠したアップデートで、
リブートワールドが実装されました。
それに先だって、リブートアップデートに関して、KMS運営からいくつかの声明が出されました。
SilverBulletさんの『[KMS] 韓国の2015年夏のアップデート「Reboot」について』に、
何度かに分けられて出されたものの日本語訳がまとめてありますが、
その中の2015/06/17更新分に、リブートワールドについてのKMSの方針が述べられています。
一部、SilverBulletさんの記事より重要なところを抜粋して引用します。

「リブートワールド」とは、RPG本来の成長の楽しさ、報酬獲得の楽しさ、強化に集中したサーバーで、
強さに大きく影響を与えるアイテムの販売中止またはメル化を通じるキャッシュ負担軽減も一緒に行われます。

・(前略)装備強化の単純化を通じて装備アイテムの格差を減らし、
レベル成長とそれによる楽しさを強化させ、
(後略)
リブートワールドにはキャッシュ課金負担が緩和された新しいポイントショップが適用されます。
基本的に成長過程に必要なアイテムと通貨をゲーム内で得ることができるように設計されており、
装備強化単純化によって適用されないシステム及び変更されるシステムがあるため
関連するポイントアイテムも販売中止になったりメルを通じて購入することができるようになります。

基本プレイに影響を及ぼさないアバターアイテムなどのみポイントで販売される予定です。
このような変化を通じてゲームプレイ全般のキャッシュ負担が減るはずです。

つまるところ、既存ワールドでは現金による火力差はどうしようもないので、
専用の独自仕様のリブートワールドを作ります、
そしてリブートワールドでは火力差が現金により生じないようにします、ということです。
既存のお得意様プレイヤーと、ライト層を別ワールドに分けることで、
双方のプレイヤー=顧客をターゲットにしようと考えたのだと思われます。

JMSプレイヤーの反応

これに対して、JMSの既存プレイヤー、引退・休止組からは、
「火力差付かないなら移住してもいいかな」
という声が上がりました。
既存ワールドの火力差は下手をすると100倍以上になりますので、
火力インフレに辟易していたプレイヤーも多く、
また様々な事情で離れたプレイヤーも、今更戻っても火力インフレに着いていけないと復帰を渋っていたのです。
リブートワールドに関連するSilverBulletさんのコメント欄、
それと当時からJMSで実際にリブートが実装されるまでの避難所のログを読んでいただければ、
リブートワールドのKMS仕様に対して、一定の潜在的な需要があったことが分かると思います。

JMS運営の独自リブート(?)ワールド

KMSでのリブートに相当するアップデートを「ブースト」と銘打って実装した時点で、
JMSにリブートワールドは来ないのではないかという懸念が浮かび上がりました。
rebootは「再起動」ですが、boostは「上昇」等の意味ですので、
ニュアンス的には正反対だと、当時私は感じました。

紆余曲折があったのではないかと思われますが、ブーストアップデートに遅れることおよそ半年、
JMSver3.50アップデートでリブートワールドが実装されることが発表されました。
当然移住するかしないかは色々な意見がありましたが、その理由として影響力が最も大きかったのは、
「ゲーム内通貨以外でキューブが獲得できず、しかもそれなりにキューブが入手できる」ことでした。

しかし、蓋を開けてみると、

  • 現金で普通にキューブが売っている
  • ゲーム内通貨でのキューブの値段がKMS・GMSの約10倍(ただし種類に違いあり)

という独自仕様でした。
ここで一番問題だったのが、現金投入額により火力差が付かないことが売りだったはずが、
現金で普通にキューブが買えてしまうことでした。
当然、リブートワールドの存在意義そのものが疑われ、非難の声が多く上がることになりました。

私の意見としては、現金でキューブが買えるのなら、既存サーバーと本質が変わらず、
無意味にプレイヤーを分散させることになるだけで、閉鎖・統合される未来しか見えません。
むしろリブートワールドに分散させる分既存ワールドが過疎化してしまうと思われるので、
何のためにワールドを3つまで減らしたのか分かりません。
しかも、現金投入を大量に行って強くなりたいプレイヤーは、
強化する手段が限られ火力に限界があるリブートの意味は薄く、
一方で現金でキューブを買うつもりのないプレイヤーは、
文字通り桁違いに吊り上げられたメル販売価格のせいで意欲を失ってしまいます。
そんな状態で、他の課金要素に対して現金投入しようという意欲を、
いったいどれだけのプレイヤーが抱くのでしょうか。

その後の顛末

リブートワールド実装から2週間経ったところで、
リブートワールドでのキューブのゲーム内通貨販売価格が引き下げられました。
KMS仕様との差により多くのプレイヤーから非難の嵐だったことにより、
想定より収益が少なかった等、何らかの事情があったのだろうと思います。
まだキューブ価格は高いのですが、今後高レベルプレイヤーが発信する情報次第で、
もしかすると色々な状況が変わっていくことがあるのかもしれません。

お金を出すのは誰なのか

「様々な観点から見る」という話に戻ります。
運営の観点からしても、JMSリブートワールドは、
少なくとも実装時の仕様としては「失敗だった」のでしょう。
ゲーム内通貨でのキューブ価格の引き下げを、運営が決定したからです。
またキャラクターカード(Lv50・100・150キャラが作れる)も、今後販売しないと明言しました。
こちらもKMSの方針であるRPG本来の成長の楽しさを完全に損なう要素です。
結局のところ、顧客が望んでいたものに運営がすり寄った結果となりました。

さて、最初にも書いたとおり、運営の目的は利益を上げることです。
そのためには、プレイヤー=顧客に、課金要素を利用して貰わなければなりません。
この時に、誰の観点でものを見ることが、最も利益を上げるために適切な方針の決定に繋がるかというと、
本来は顧客の観点で見るべきであると私は考えます。
プレイヤーは家畜ではないので、与えられたものを吟味もせずそのまま買うことは極めて稀です。
繰り返しになりますが、メイプルは娯楽なので、興味のないものにはお金を出しません。
あくまで顧客が主体で、運営は売れるサービスを供給するべきだと考えます。
そうでなければ、スマホゲーが溢れかえっている今を生き残ることはできないと思うのです。

自分の感覚を大切に

様々な観点からものを見ることは大切です。
しかし、その時々で、どの視点が最も適切かは変わりうるものだと思います。
メイプルにおいても、どちらの観点を優先するのかは、問題によって異なります。
もちろん日常生活で遭遇する多種多様な問題でも、その時々で何が大切かは変わってきます。

現代では、自分の主張が通らない場面も多いかと思います。
しかし、趣味の世界でまで自分の意見を殺してしまうのはおかしいと私は思います。
自分の好みを一切主張できなければ、自分が自分でなくなってしまい、
心が病んでしまう現代病を患う原因になりかねません。
大局的な視点を持った上で、しかし自分は好きなものは好き、嫌なものは嫌だと主張できること、
それが「あそび」ではないかと思うのです。

そういうわけで、私はこの記事をこう締めくくろうと思います。

色々な立場に立ってものを考えることは大切なことです。
それは趣味の世界でも同じであり、わがままな一方的な意見は好まれません。
しかし、様々な観点に立とうとするあまり、「自分」を見失ってしまうと、心が壊れてしまいます。
いったい誰のための、何のためのものなのか、その時々で考えつつも、
「自分」の感性、感覚、視点を大切にしていくことが、「自分」のためになると思います。
そうすることが、より楽しいメイプルライフを送ることに繋がることでしょう。

プロフィール
夢巡

Author:夢巡
メイプルストーリーを気ままにプレイしています。
ボウマスター育成情報がメインのサイト、狩人の宿の管理人です。

コメントについて
2015/11/20以降、コメントを承認後表示に変更しました。
いただいたコメントの承認・返信には時間がかかる場合があります。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
運営サイト
読んでいるブログ
ファンサイト・ブログポータル
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。